FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

夏休み四国キャンプ5日目 愛媛 

須ノ川公園キャンプ場3日目の出発の朝、のんびり朝ごはんを食べたまでは良かったが、いざテントをたたむ時間になると急に雨が降ってきました。「もっと早く片付ければ良かった。」と悔やんでもすでに遅く、iPhoneで天気予報を見ると次々に雨雲がやって来てやむこともなさそうです。決心してビショビショのテントをたたみ、須ノ川公園を後にしました。

次なる目的地は、宇和島です。まずは宇和島城へ 宇和島城は現存12天守の一つで、中世期にあった板島丸串城の跡に藤堂高虎によって築かれた近世城郭だ。市街を見下ろす高所に天守がありますが、天守はずいぶん小さいものでした。
桑折(こおり)氏武家長屋門
宇和島城1
天守に向かう石段
宇和島城2
宇和島城3
天守
宇和島城4
宇和島城6
宇和島市街を望む
宇和島城5

城を下りるとちょうどお昼時、宇和島の名物?鯛めしを食べようと有名店に向かいましたが、既に満席。結局、宇和島城駐車場前にあった「一心」へ伺った。
一心 鯛めし
食べ方を説明してもらう。
ごはんを茶碗によそい、たれに漬け込まれた鯛の刺身をご飯の上に載せて頂きます。
美味しかった!

その後、日本百名道の一つ「佐田岬メロディーライン」に向かいました。
佐田岬半島(さだみさきはんとう)は、四国愛媛県の最西端に位置し九州大分の佐賀関に面する。三崎半島とよばれることもある。八幡浜市付近から西南西へ、長さ約40kmにわたって直線的に突き出し、もちろん日本一長い半島である。
この半島の付け根には、四国電力伊方原子力発電所がある。もしここで何かが起こったら・・・
雨は止んだが、天気がすぐれず景色は今一つだ。
大久展望台まで行き、Uターンした。
白亜の大久展望台
大久展望台より海を望む。
大久展望台より
「メロディーライン」の名前の由来が、東行きの走行で分かった。
道路を走行すると、道路の溝で音が鳴る。ここには「みかんの花咲く丘」のメロディーが流れる。

次は、有名な小さい駅「下灘駅」へ
青春18きっぷポスターで有名な駅だ。
下灘駅 青春18きっぷポスター
海と空がもっと青かったら、このポスターのようだったのに。
でも、さすがに有名駅、たくさんの人が訪れていた。
下灘駅1
下灘駅2
下灘駅3
下灘駅4
下灘駅5
4枚目の写真で分かるように、海と駅の間に国道378号線が走るが、駅開業(昭和10年)よりずっと後の昭和50年とのこと。

愛媛灘を見ながらえひめ森林公園キャンプ場へ向かう。
伊予灘を走る

えひめ森林公園キャンプ場に到着しました。既に5時
えひめ森林公園キャンプ場2
管理人さんに、到着を告げると
「これからテントを張るんですか?」
「そうですよ。」
「バンガローも空いているけど使いますか?ここも無料です。」
テントもビショビショだし、ここはお言葉に甘えることに。
「ぜひお願いします。」
案内されたのは、入口から近いバンガロー
えひめ森林公園キャンプ場3
暗く見えるので良く分からないかもしれないが、ログハウス風のとてもきれいなバンガローでした。
えひめ森林公園キャンプ場5
キャンプ場内は、色々な設備が整っている。
えひめ森林公園キャンプ場4
ここはトイレ、ウォシュレット付のきれいなトイレ!キャンプ場でウォシュレット付は初めてだ!
ここで、翌日大変なことが起こることになる!
えひめ森林公園キャンプ場1

時間ができたので、伊予市内のコインランドリーで、ずっと溜まっていて濡れてしまった洗濯物を洗濯し、その後近くにある「ウェルピア伊予」でお風呂に入る。
そして、食事はまたも外食、「グランシェフ高坂」へ
グランシェフ高坂
人気店のようで、着席まで時間が掛かりさらに料理が出るまでも時間が掛かるとのこと、それでもOK
メニューは豊富だ。
グランシェフ高坂メニュー
お願いしたのは、チーズハンバーグ
グランシェフ高坂チーズハンバーグ

バンガローを貸してもらってほんとによかった。
夜中は、雷が鳴り大雨が降った。
スポンサーサイト



[edit]

« 夏休み四国キャンプ6日目 愛媛  |  夏休み四国キャンプ4日目 愛媛 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://papasuns.blog.fc2.com/tb.php/160-3667bd5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード